既卒就職

既卒者の就職活動ポイント

 既卒者が就職活動をする場合、まずは就職できそうな可能性がある経路を探すことから始めると良いでしょう。  大学卒業後3年以内もしくは20代までであれば、企業は積極的に採用しようとする可能性がありますので、 就職情報サイトへの登録や、公的機関が運営する学生職業総合支援センターに登録しておくと、 既卒者だけを対象とした合同説明会に参加することもできます。

 大学卒業して間もないのであれば、卒業後も大学の就職課を訪問して既卒者用の求人があれば大学経由で応募してもいいかもしれません。  また、興味がある企業のHPの募集要項を確認して年令上限がマッチすれば新卒と同様に4月入社できる場合もあるので、HPから直接応募してみるのも良いでしょう。

企業の既卒者採用基準

 厚生労働者が3年以内の既卒者を新卒扱いとして採用した際に、採用企業に奨励金を支給することにより 企業は、既卒者を採用することに強化を始めました。 その結果、多くの企業では新卒者、既卒者と区別なく能力が高く良い人材であれば積極的に採用する意向の企業が増加し、 業界によっては新卒者だけでは採用数がたりない場合もあり、積極的に採用している企業もあるようです。

 しかし、既卒者が卒業後の就職しなかった理由や過ごし方などを、面接する際には確認することで人柄や継続して勤務できるかどうかなどを企業は確認して採用しているようです。
既卒者向けの求人ならリクナビNEXTで効率よく探そう!

リクナビNEXT [登録作業はわずか3分で可能]

既卒者の就職・転職求人も幅広くカバーする人気No.1のサイト

大手リクルートキャリアが運用するリクナビNEXTでは、求人を幅広く掲載しているため 既卒者を対象にした求人も多数扱っています。 就職活動が初めての既卒者にとっては、企業情報や応募書類の書き方例など就職活動に必要な情報収集するには便利なサイトです。


先月の求人数
求人地域
運営会社
おすすめ度
3,209,407件
全都道府県
リクルート
★★★★★

>> その他の既卒者が利用できる求人サイト一覧 <<

既卒者におすすめのコンテンツ



トップ 目指せ取得!おすすめ資格 就職のQ&A おすすめサイト一覧